横浜駅・平沼橋駅・横浜市西区浅間町・浅岡橋の歯医者・歯科 なかむら歯科医院

入れ歯

歯を失ってしまった場合、健康のためには、入れ歯(義歯)を使うことをおすすめします。たかが1本でも、歯をなくしたまま放置すると、歯並びが悪くなるなどさらなるトラブルの元になります。また、入れ歯を使いしっかりと噛むことで、消化器官への負担などがなくなり、口も含めた全身の健康の維持に役立ちます。

入れ歯治療

現在、義歯(入れ歯)には、保険から自費までさまざま種類があります。当院では、金属のバネの無い部分入れ歯(ノンスクラプデンチャー)なども作成しております。入れ歯をはじめてつくる方も、今の入れ歯が合わない、痛いといったお悩みがある方も、お気軽にご相談ください。

保険診療の入れ歯

素材は主にプラスチック(レジン)となり、部分入れ歯のクラスプ(留め具)は金属です。床の素材がプラスチックの為、一定の厚みが必要となってきます。

自費診療の入れ歯

素材を選択することができます。素材・構造などを工夫し、患者様のお一人ひとりのご要望に近づけることが可能です。

入れ歯は高齢者が使用するものというイメージがあるかもしれませんが、歯を失うのは高齢者に限りません。20代・30代・40代の方でも部分入れ歯・総入れ歯が必要となる方はいらっしゃいます。大切なのは歯を抜いたままにせず適切な治療を受けることです。ご年齢に関係なく、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯 金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
特徴 保険診療で作る入れ歯 床が金属の入れ歯 金属バネを使用しない入れ歯
メリット ・費用が安い
・作成時間が短い
・食べものの温度が感じやすい
・汚れが付きにくい
・強度があり、変形しにくい
・目立ちにくい
・薄くて軽く装着感が良い
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・床が厚く違和感がある
・硬いものがしっかり噛めない
・耐久性で劣る
・調整、修理等が難しい ・熱は金属に比べて伝わりにくい
・調整、修理等が難しい
料金 保険診療 自費診療 自費診療

金属のバネの無い部分入れ歯(ノンスクラプデンチャー)

ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使わない入れ歯で、薄く・軽く・弾力のあるのが特徴です。もちろん、金属のバネを使わないため、金属アレルギーの方も心配ありません。そして、人から入れ歯を入れていることが気づかれない程、自然な入れ歯です。

こんな方におすすめ

  • 見た目が気にならない入れ歯を作りたい方
  • 今の入れ歯に、違和感がある方
  • まだ若いので、入れ歯をしていると気づかれたくない方
  • 今の入れ歯では、快適に食事ができていない方
  • 金属アレルギーの方 など

当院では、ご相談いただいた患者さまへ、見た目・快適さ・治療期間・ご予算などのご希望と、歯の状態にあわせて、治療法をご提案しさせていただきます。ぜひご自身に合う入れ歯をご選択ください。

また、すでに入れ歯を使用している方も、使い続けているとトラブルが起きることもあります。入れ歯が壊れた・ヒビが入った・うまく噛めない・痛みがある・入れ歯を支える歯ぐきが腫れた・入れ歯がゆるくて外れやすいなど、何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

ページの先頭に戻る
PAGE TOP